エンタメは心の洗濯。そして栄養。

本や映画・ドラマの感想置き場💫雑学ブログはこちら!https://learning.misszoo.net

ストロベリーナイト Amazon Prime鑑賞記録

相変わらず、AmazonPrimeのおススメに表示される映画やドラマで気になったものを、ランダムに観るという生活を送っています。

 

今回は、一昨年の秋に突然亡くなった竹内結子さんが主演されていた「ストロベリーナイト」。

全く事前情報なく観るに至っていますが、見始めたらすっかりはまってしまいあっという間にエンドロール。

 

竹内結子さん、本当に素敵な女優さんだっただけに残念ですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

ストロベリーナイト

 

 

ストロベリーナイトはこんな人におすすめ

 

あくまで私個人のおすすめですが…

 

  • ちょっと大人の恋愛気分を味わいたい!
  • 大人男性の色気が見たい!
  • 短時間で内容の濃い刑事物が観たい!

 

という人は楽しめると思います!

 

ストロベリーナイトの概要とあらすじ

2013年1月公開の映画。誉田晢也の小説「姫川玲子シリーズ」の第4作「インビジブルレイン」を原作をした映画。

 

暴力団・龍崎組の構成員・小林の刺殺体が発見されるところから物語が始まる。他の事件との共通性から、連続殺人として警察では扱われることとなるが、暴力団内の抗争とみる組対とそれに疑問を持つ姫川(竹内 結子)班は別々に捜査を進めて行く。

姫川は犯人を「柳井」と名指しする密告電話を受けるが、警察上層部からは捜査しないように命令が下る。密告された「柳井」は9年前に殺害された柳井千恵という女性の弟だったからである。当時、柳井千恵を殺した犯人として性的虐待をしていた父が逮捕されたが、父は避妊したまま自殺、真犯人は冒頭で刺殺体で発見された、柳井千恵と当時交際していた「小林」ではという疑惑が持ち上がっていたが、それを警察は隠蔽していたからだった。

当時この事件を担当していた現在の上層部が、過去の不祥事が明るみになることがないよう暴力団の抗争として処理しようとしているのを知った姫川は単独で捜査を始める。

そんな時に、龍崎組の若頭補佐である牧田(大沢たかお)と出会う。牧田は不動産会社の社員と嘘をつき姫川と連絡先を交換、姫川の捜査の動向を探り、姫川は情報を得るため何度か会うようになるが・・・姫川は牧田の本当の正体を知る。

姫川班の部下であり、姫川に想いを寄せる菊田(西島秀俊)は牧田の正体を知り、牧田のもとに乗り込み「彼女を巻き込むな」と忠告するが、男として姫川を想っていることを悟られてしまう。姫川も牧田に惹かれていき、事件と共に2人の関係もクライマックスに迫っていく。

 

 

ストロベリーナイトの感想

何となく、終盤から結末は予想できていましたが、なんとも言えない結末でした。

 

全編に渡って「雨」がテーマになっているのも、誰も幸せに終われない映画の雰囲気に合っていましたね。

 

それにしても竹内結子さん、本当に素敵な女優さんですね。

そして大沢たかおさんのかっこいいこと!

このお二人が魅力的で、また西島さんが大人の男としての魅力があるからこそ、この映画がこれだけ魅力的なんだろうなって思いました。大人に観て欲しい映画ですね!

ドラマシリーズも竹内さんが演じてらしたと言うことで、観たいなって思ったのですが、Amazonプライムでは見れないようでとても残念です。

原作もこれは面白そうなので、時間ができた時にゆっくり読めたらいいなと思っています。